自宅でホワイトニングの効果や比較

ホワイトニングで色素が分解される仕組み

ホワイトニングで色素が分解される仕組み 歯を白くする技術と言えば、以前は歯の表面を直接削るという手法がよく行われていましたが、近年ではホワイトニングが主流となっています。
これは、特殊な薬を使って歯を漂白するというものです。
歯に色が付いてしまう原因はいろいろありますが、最も多いのはコーヒーやたばこのヤニなどに含まれる着色性物質がエナメル質の中に入り込み、その中の有機物を反応させることです。
エナメル質は本来は無色透明ですが、この作用により黄ばみなどが沈着してしまうのです。
ホワイトニングに使う薬剤には過酸化水素や過酸化尿素が含まれていますが、これらの物質からはフリーラジカルと呼ばれる活性酸素が発生します。
このフリーラジカルには、有機物を分解する作用があります。
この作用により、エナメル質の中に入り込んだ着色成分の分子が小さくなり、だんだん色が薄れていくのです。
エナメル質そのものを溶かしたりすることはないため、歯を傷つけるおそれはありません。

漂白ありのホワイトニングとはどのような歯科治療なのか

漂白ありのホワイトニングとはどのような歯科治療なのか 歯を白くするホワイトニングに興味を持っていても、薬液による漂白という言葉に不安を覚えたり、躊躇する人も珍しくないのではないでしょうか。
狭義のホワイトニングは確かに薬液を使う治療法で、色素を分解することで歯の黄ばみや黒ずみを取り除くというものです。
治療に用いられる薬液は過酸化水素や過酸化尿素が主流で、前者は消毒やシミ抜きにも使われている成分です。
濃度や使い方に気をつければ安全とされていますし、プールの消毒剤のようなものを口に入れると想像するなら明らかに間違いです。
ホワイトニング用の薬液は、医師が塗布する前に清掃したり、歯茎を保護剤で養生してから塗布を行います。
自宅で取り組むホームホワイトニングは、マウスピースで低濃度の漂白ジェルを密着させる形ですから、正しく行えば安全で効果も優れます。
いずれにしても医師が直接施術するか、医師の指導の下に行うものなので、口に入れても大丈夫な薬剤を安全に使用する治療法だと理解できるのではないでしょうか。

新着情報

◎2021/1/31

サイト公開しました

「ホワイトニング 漂白」
に関連するツイート
Twitter

返信先:いや、永久では無いけどオフィスより持続効果は高い 歯を漂白して白くする原理と同じように、また少しずつ色がついてく感じ マウスピースさえ作っておけば、またホワイトニングしたくなった時に薬単体で買えるからホームがオススメ

市販歯磨き粉や器具 歯科クリーニング ホワイトニングで値段的にも何度も通いやすいし助かるクリニックよね🏠🪴 銀座 新宿 池袋 渋谷 恵比寿 横浜 梅田 なんば 福岡 仙台でコーヒーや緑茶などの歯の漂白着色、黄ばみヤニ除去とかメンテナンス考えてる人にはおすすめね🌸 [PR]

市販歯磨き粉や器具 歯科クリーニング ホワイトニングで値段的にも何度も通いやすいし助かるクリニックよね🏠🪴 銀座 新宿 池袋 渋谷 恵比寿 横浜 梅田 なんば 福岡 仙台でコーヒーや緑茶などの歯の漂白着色、黄ばみヤニ除去とかメンテナンス考えてる人にはおすすめね🌸 [PR]

市販歯磨き粉や器具 歯科クリーニング ホワイトニングで値段的にも何度も通いやすいし助かるクリニックよね🏠🪴 銀座 新宿 池袋 渋谷 恵比寿 横浜 梅田 なんば 福岡 仙台でコーヒーや緑茶などの歯の漂白着色、黄ばみヤニ除去とかメンテナンス考えてる人にはおすすめね🌸 [PR]

返信先:歯を漂白することをホワイトニングと呼んでいます。 歯科医院で衛生士または歯科医師に問い合わせください!(どこまでSNSにかいていいかわからない!)