自宅でホワイトニングの効果や比較

ホワイトニングは自費診療

ホワイトニングは自費診療 歯科医院の治療は保険適用のものと、自由診療のものがあります。
保険適用では安く治療ができますが、自費診療になると、意外と高くなることもありますので、治療費は良く確認しておきたいところです。
自費診療の治療にも多くの種類がありますが、ホワイトニングもそのひとつです。
ホワイトニングは特に虫歯を治療するというのではなく、白く美しい歯を得るための治療です。
それゆえ、美容目的になりますので、保険適用はされません。
施術は、大きく分けて自宅でする方法と、歯科医院で行う方法、両方を合わせた治療も用意されています。
じっくり時間をかけて歯を白くするなら、ホームホワイトニングが向いています。
治療費も比較的安く抑えることができますし、後戻りが少ないのもメリットです。
希望の白さになるまで続けたいという人にも向いています。
急いで歯を白くする必要があるなら、歯科医院で行われるオフィスホワイトニングに注目してみましょう。
この方法は治療費もやや高くなりますが、即効性があるのがメリットです。

ホワイトニングによる白さは個人差があります

ホワイトニングによる白さは個人差があります 歯を削ると付着していた色を落とすことができますが、健康な歯を削るとそれが原因で虫歯になりやすいともいわれており、着色したものを白くするのであればホワイトニングを利用するのが推奨されています。
着色した原因が食べ物や飲み物などの場合、漂白効果を持つホワイトニング剤と特殊な光を利用することで真っ白な歯に変えることは可能です。
ちなみに、どのくらいの白さにしたいのか、施術を受けるときにはカラーチャートのようなものを使い希望の白さを専門医に伝える、そして施術を受けるといったスタイルになります。
ただ、歯の着色は生まれつきのものも含まれるため必ずしも希望通りの白さにならないこともある、これは個人差による違いです。
元々真っ白な歯の人が食事や飲み物などが原因で着色していて、それを基の状態の白さに戻すのであれば可能でも、生まれつき黄ばんでいる場合などは現状よりも白くできても希望通りにならないこともあるなどホワイトニングでは個人差があることも理解しておきましょう。

新着情報

◎2021/1/31

サイト公開しました

「ホワイトニング 自費」
に関連するツイート
Twitter

歯科のこと分からんのやけど、院長変わったから?診療報酬改定か?前は普通の定期検診でもフロス、着色汚れ除去、フッ素までやってくれてたのになくて、自費ホワイトニングコースに含まれるとか営業されてだな…

のプロコン Pros: 歯並び良くなる、磨き残し&虫歯リスク減、笑顔に自信出る Cons: 自費医療(毎月調整料が期間に比例して地味に負担押上げ)、長期通院、調整後数日の痛み、歯磨き手間増、期間中ホワイトニング不可、引っ掛かる・詰まる系/固い食べ物回避必、歯茎下がる&歯間に隙間できる

返信先:マジでそうです。 ブランド👜をもってる方、自費なのに子どものホワイトニングまでもする方を知っている!

4月20日(土) ※自費診療日です。 ※21日(日)は休診日です。 【治療】 ・13:45〜 【検診・歯のお掃除・ホワイトニング】 ・12:15〜・12:30〜 本日のご予約はお電話でお願い致します。 (初診の方は上記のお時間でお取りできない場合もございます)

返信先:定期検診とクリーニングで維持費クソ高いし、10年くらいしかもたないからまた48万くらいかけてつけ直さなきゃいけない、取れたら保証がだいたい2年くらいしかないから自費だしほんとに見た目は綺麗になるけど、総合的に見て矯正プラスホワイトニングのがいい